採用情報職務について

CRA(Clinical Research Associate)について

治験依頼者として医療機関に訪問し、治験が円滑に実施できるよう、医療機関との情報交換の主役を務める仕事です。
その責任は、実施医療機関がGCPや治験実施計画書を順守し、治験を実施できる施設であることを継続的に確認し、被験者の安全性を保持し、治験の質及びデータの信頼性を確保するために、調整や交渉が求められます。
そのため、医師とのコミュニケーション能力や医学に関する知識が必要です。

社員インタビュー

T.T. CRA

1. CRAとしてどのような仕事をしていますか。
今は医療機関の立ち上げ業務をしています。立ち上げ業務では、医療機関が治験を実施する上で適切かどうかの選定や、治験責任医師へ治験参加の依頼を行います。治験の内容によっては、多くの医療機関スタッフの協力が必要な場合もあるので、治験責任医師等と相談しながら必要なスタッフを決定していきます。治験の体制を整えて、契約の締結、治験薬搬入までが、主な立ち上げ業務です。
2. CRAとして働いてみて、やりがいは何ですか。
担当している薬が、世の中に出たときの喜びを味わえること。きっと患者さんの助けになっていると感じます。また、担当する医療機関にもよりますが、全国各地色々な場所で働けることも魅力です。
3. デルフィの魅力は何ですか。
人です。みんなそれぞれのプロジェクトに配属されているので、仕事で直接顔を合わせることは少ないですが、デルフィ内で意見交換や相談などがしやすいです。困ったことがあれば、先輩が丁寧にアドバイスをしてくれるはずです。

S.M. CRA

1. CRAとしてどのような仕事をしていますか。
現在、希少疾病に対する治療薬の開発に携わっています。CRAとして医療機関を担当し、医療機関の医師やCRCと協力し合い、症例情報の回収や円滑に治験が進むよう業務に取り組んでいます。
2. CRAとして働いてみて、やりがいは何ですか。
一番の喜びは、開発に携わった薬剤を使用した患者さんから良くなった等の良い話を聞いたときです。CRAは直接患者様と係わることができませんが、医師やCRCを通して話を聞くと、とてもうれしく感じます。また、医師から担当分野の話を教えていただけるのも、とても刺激になり、貴重な時間です。日々の業務では、業務に設けられたタイムラインや目標を一つ一つ達成していくことが、やりがいとなっています。
3. デルフィの魅力は何ですか。
デルフィは様々な製薬会社とつながりがあるため、興味のある分野や疾患に関われる機会が多いです。様々な分野や会社の知識を習得できることは、自分の成長を促してくれると思います。また、年齢が近い社員が多いため、社員同士のつながりもあり、社外でも楽しい時間を過ごしています。

K.I. CRA

1. CRAとしてどのような仕事をしていますか。
現在、担当の全治験の組入れが終了しているため、主にフォローアップの対応を行っています。直接閲覧のための医療機関への訪問、安全性情報報告やデータクエリへの対応、書類の手続き等が主たる業務となっています。
2. CRAとして働いてみて、やりがいは何ですか。
CRAの仕事をし始めてから5年で初めての申請を経験しました。 先月、担当治験の薬剤が承認申請まで辿り着きました。 治験開始当初から申請までに諸所様々な問題がありましたが、今までの苦難も良き思い出と感じています。
3. デルフィの魅力は何ですか。
多種多様な経験を持ったデルフィの仲間だけでなく、様々な出向先製薬会社において多くの人と出会うことができ、自身が成長できる機会が与えられることだと思います。そこで得た繋がりは、何事にも代え難く、個々の成長を図れることと思います。

E.M. CRA

1. CRAとしてどのような仕事をしていますか。
7年間で外資系製薬会社3社、内資系製薬会社2社で5つの薬剤の開発に携わってきました。GCPはひとつですが、会社毎に業務手順は異なるので、それぞれの会社の考え方と自分の今までの経験を活かしながらモニタリングを実施しています。
2. CRAとして働いてみて、やりがいは何ですか。
担当している薬が奏効し、患者さまの状態が良くなると嬉しく感じます。今まで様々な薬剤の開発に携わらせていただきましたが、医療の現場で本当に求められる薬を担当できることは、大きなやりがいに繋がります。今後はテーラーメイド医療に貢献出来るよう、患者様それぞれに適した安全性の高い、効果的な薬の開発に携わっていきたいです。
3. デルフィの魅力は何ですか。
色々な経験が出来る事です。色々な会社が色々な領域の薬を開発しているので、新しい環境に飛び込むと、その会社の考える効率的な仕事の進め方を知ることができます。一つの組織のプロフェッショナルになるだけではなく、複数の仕事の進め方を比べ、学び、経験できるところがデルフィの魅力だと考えています。
tml>