採用情報職務について

PV(Pharmacovigilance)について

PV(安全性情報担当)とは、医薬品の副作用を検出、評価、予防することにより、適切な医薬品の使用を促し、患者さんの安全を守る仕事です。
具体的な責務は、医療施設等から入手した副作用情報について重篤性、新規性、因果関係等を適切に評価し、規制当局に報告することです。それは、評価に応じて添付文書改訂などの安全確保措置を行うことに繋がります。
副作用評価を適切に行うための医学薬学知識と統計疫学知識、英語能力が必要です。また、副作用の報告期限を遵守するため、スケジュール管理能力も必須です。

社員インタビュー

M.K. PV

1. PVとしてどのような仕事をしていますか。
外資系製薬メーカーにて、国内の市販後症例の個別評価を実施しています。報告された安全性情報のシステムへの入力内容のQC及び、新規性や重篤性、因果関係の判断、再調査内容の確認等を行っています。
2. PVとして働いてみて、やりがいは何ですか。
日々の業務は個別症例の評価であることから実感しにくいこともありますがその個々の評価の積み重ねがその製品の潜在的な危険性の検知や適正な製品使用に繋がりますので、とても重要な仕事だとやりがいを感じています。また、日々の業務から英語力や医学・薬学知識が身につくのも魅力に感じています。
3. デルフィの魅力は何ですか。
様々な出向先があるため、臨床開発に関連する様々な職種に挑戦できるチャンスがあること、意見を言いやすいこと、社員同士で意見を共有できる場があることが魅力と感じています。他の社員の方の話を聞くことにより仕事のモチベーションアップに繋がります。

M.S. PV

1. PVとしてどのような仕事をしていますか。
全国から収集される市販後の医薬品の副作用情報について、本剤と少なくとも合理的に関連があるか、添付文書に記載があるか、PMDAへ報告する必要があるかなどを確認しています。1日中デスクワークで黙々と作業をしますが、まれに他部署への事実確認や、海外本社とのやり取りが発生します。
2. PVとして働いてみて、やりがいは何ですか。
患者さんへの安全性の提供に役立てることです。薬を飲む際、この薬はなにか、副作用はあるのかなど気になることがあると思います。日々の業務は、書面上で患者さんの様子を想像するのみですが、将来的にこの業務が添付文書の改訂など患者さんへ貢献できる可能性があるところに魅力を感じています。
3. デルフィの魅力は何ですか。
自由な社風です。やりたいと思えば、希望を汲み取り挑戦させて貰えるところです。また、これまでのデルフィ社員が築いた信頼により、出向後も仕事がし易いです。

Y.U. PV

1. PVとしてどのような仕事をしていますか。
外資系製薬メーカーに出向しており、市販後および治験の国内・海外症例について、個別症例評価を担当しています。日々改定される法令や進歩する医学・薬学知識を十分に理解し、多角的な評価をすることが求められます。また、 1つとして同じ症例はないため、自分の行った評価がどのように影響するかを把握しながら、柔軟な対応を行うことも必要です。
2. PVとして働いてみて、やりがいは何ですか。
安全性評価や入力について、疾患を十分に理解し効率的で適確な評価ができるようになっていくと成長を実感できます。また、問い合わせや質問があった際なども、法律や疾患について十分に議論し、お互いが納得できる適切な評価を築いていく過程にとてもやりがいを感じます。
3. デルフィの魅力は何ですか。
様々な企業に出向されている方や様々な職種の方からお話が聞けること。また、自分からも現在の業務について伝えることができる機会をいただけることが魅力です。また、いつでも相談にのっていただける方がいて、オープンに話ができる環境は日々の業務の活力になります。

M.T. PV

1. PVとしてどのような仕事をしていますか。
以前は、個別症例評価業務に従事しておりましたが、現在は安全性定期報告や再審査申請資料のドラフトの作成(叙述)業務に従事しております。その中で、集積評価の対象となる副作用について症例ごとに因果関係を評価する資料の作成サポート等も行っております。
2. PVとして働いてみて、やりがいは何ですか。
外資系製薬メーカーでは海外本社やベンダーであるインドや中国など海外にいる状況が見えづらい相手とのコミュニケーションも必要です。そのような相手に的確に伝えたいことを伝えるにはどうすれば良いかなど、定型業務の中にある非定型な部分についても常に想像力を働かせながら、日々、多くの新しいことを学べることがやりがいだと感じます。
3. デルフィの魅力は何ですか。
外部就労型の就業形態だからこそ、望めば叶えたいキャリアを自身で築くことできます。特にデルフィは少数精鋭だからこそ先輩や同僚との距離も近く、相談しやすいですし、皆さん親身になってアドバイスしてくださいます。一人では叶えるのが難しい道のり(キャリア)でもデルフィでなら他の方々にサポートいただきながら叶えることができるのではないでしょうか。
.html" -->